よくある質問 一覧

1.「商標」と「登録商標」の違いを教えて下さい。
2.出願から登録まで何ヶ月かかりますか?
3.登録することのメリットを教えてください。
4.3条1項4号の「ありふれた氏」とは何ですか?

よくある質問


Q1.「商標」と「登録商標」の違いを教えて下さい。

 A.「商標」とは「標章(人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの)」のうち業として使用しているもののことをいいます。「登録商標」とは「商標」のうち、商標登録を受けている商標のことをいいます。「商標」について詳しくは、こちらのページをご覧ください。


Q2.出願から登録まで何ヶ月かかりますか?

 A.特許庁の審査官による審査が終わるまで、およそ4〜6ヵ月程度かかります。審査の結果、拒絶理由を通知された場合には、補正書や意見書などで対応する必要があり、さらに期間がかかる可能性もあります。


Q3.登録することのメリットを教えてください。

 A.登録することにより、商標権者は、その商標を指定商品・指定役務について独占的に使用する権利を得ます。また、他人が登録した商標や似たような商標を指定商品・指定役務や似たような商品・役務に使用した場合には、その他人の使用を差し止めたり、損害賠償請求を行ったりすることができます。


Q4.3条1項4号の「ありふれた氏」とは何ですか?

 A.「ありふれた氏」とは、ありきたりな苗字のことをいいます。例えば、苗字のランキングで上位になるような「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」「中村」「山本」などは、3条1項4号の「ありふれた氏」に該当します。

その他、ご質問

その他、ご質問・ご相談などありましたら、こちらから お気軽にお問い合わせください。